お問い合わせ:03-6804-1735

  1. ホーム
  2. > むち打ちなどの交通事故治療について

交通事故治療について

交通事故にあったときの対処法やむち打ちなどのよくある症状、治療法についてご案内します。

交通事故にあったらどうすればいいの?

交通事故後には警察に届出を出します。自賠責保険、任意保険の双方に必要な事故証明をお受け取りください。

交通事故治療には医師の診断書が必要になります。

診断書を警察署に持っていくと、警察が先方に連絡します。

先方の保険会社の担当者より連絡がきますので、通院される病院・治療院をお伝えください。

交通事故後、このような症状は出ていませんか

交通事故治療について

交通事故後は様々な症状が出てきます。最初は平気でも、後から症状が出る場合もありますので、当院では早めの受診をおすすめしています。まずはご相談ください。

交通事後によくみられる、むち打ちの症状について

むち打ちってどうして起こるの?

交通事故や転倒の時の頭部打撲など、外からの力が急激にかかった際にむち打ち損傷は起こります。

むち打ちってどんな症状なの?

臨床的には、頚椎捻挫型・頚部交感神経症候群・神経根型・脊髄型に分類される、主に首の痛みの症状です。

頭が重い・痛い、腕から手にかけて脱力感や疲れがある

このような症状の場合は、頚椎捻挫型の可能性があります。頚椎捻挫型はむち打ちの約80%を占める首の周りの筋肉や関節の損傷で、いわゆる寝違えの症状に似ています。

後頭部から首にかけて痛い、めまい、耳鳴りがする

このような症状の場合は、頚椎交感神経症候群の可能性があります。バレーリュウー型とも言われ、事故の衝撃で首の自律神経及び動脈が傷害され起こります。

頭から両腕の感覚に違和感がある。筋力が低下している

このような症状の場合は、神経根型もしくは脊髄型の可能性があります。神経根型では、脊髄から末梢神経に枝分かれした部分の圧迫により、頭部から両腕にかけての感覚の異常や、筋力の低下が起こります。

脊髄型はどんな症状なの?

脊髄型は脊髄実質が損傷をうけるもので、損傷の程度により、完全損傷と不完全損傷に分けられます。完全損傷ではうで・足の麻痺状態になります。中には呼吸困難に陥るケースもあります。

交通事故の治療について

交通事故治療について

ケガや痛みとは異なる交通事故後の併発症・続発症・後遺症にはできるだけ早く事故前と同じ状態に戻せるよう、当院では温冷、固定、電器療法など通常の施術に加えて、痛み緩和の為の超音波・鍼灸治療や本来の正しい骨格に方向づけするカイロプラクティック療法を行います。

また日常生活においての姿勢の注意やストレッチ、体操などの指導も丁寧に行っていきます。

13年間で350件以上の交通事故治療実績 Relaxin 整骨院グループ

交通事故後では、数日中に症状が強く出ることがあるため、早期の受診をお勧めします。
当院では渋谷区で開院後13年間で350件以上の交通事故後の治療を行った実績があります。
渋谷区の交通事故治療なら、最寄のRelaxin整骨院グループの整骨院にてご相談ください。

代々木上原整骨院

住所:東京都渋谷区上原1-18-7 大貫ビル1F 電話番号:03-3460-5806

渋谷神山整骨院

住所:東京都渋谷区神山町1-5 グリーンヒルズ神山2F 電話番号:03-5453-2200 (要電話予約)

Copyright (c) relaxin Co.,Ltd